鎌倉市立玉縄小学校 本文へジャンプ
校歌


〜学校紹介〜
●学校教育目標

玉縄の子ども

「つよく やさしく かしこく そして じょうぶな子ども」

●学校所在地

247-0071 鎌倉市玉縄一丁目860番地         

      (東経13931'33" 北緯3520'51" 標高8.464m)

     大船駅西南西約1km、交通至便の位置にある。      

●学校規模                              平成30年5月1日現在

学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 ひまわり 合計
43 40 43 51 45 38 8 269
30 36 44 45 47 56 3 261
73 76 87 96 92 94 11 530
学級数 3 3 3 3 3 4 2 21



●学校周辺地図

    


●学校の様子
 本校はJR大船駅の西側、柏尾川に沿った低地と玉縄城址及びその周辺の丘一帯(玉縄地域)を学区として、当時の玉縄村立の小学校として明治6年に創立されました。現在の学区は、その後の児童数の増加に伴う2小学校(関谷小学校、植木小学校)の開校で、東側の柏尾川に沿った地域となりました。
 学区は大船駅というターミナルを抱えてはいますが、駅の東側と異なり大半は閑静な住宅地であり、県立の大船フラワーセンターもあり、緑にも恵まれた地域であります。
 地域には本校の卒業生が3世代・4世代にわたって居住し、学校に対しても協力的であり、子どもたちも素直で穏やかに育っています。自治町内会活動も盛んであり、11月に行われる「玉縄まつり」は、本校を会場とし、数千名が集う一大イベントです。

●学校教育目標
    玉縄の子ども 「つよく、やさしく、かしこく、そして じょうぶな子ども」

●目指す学校像
 ○「共育&響育」
  ・保護者・地域・教師が共に育ち、育てる学校づくり
  ・子どもの声・保護者の声・地域の声・教師の声が響きあう学校づくり
 ○えがお・あいさつあふれる学校づくり

●目指す子ども像
 ○きまりを守り、自分のつとめを最後までやり抜こうとする強い意志を持つ子ども
 ○人々と力を合わせ、自然をも愛するような明るくやさしい心を持つ子ども
 ○ものごとを深く考え、真理を求めて進んで学ぼうとする子ども
 ○勤労に励んで社会の進展に寄与できるような子ども
 ○心身共に健康な子ども

●具体的な取り組み
 ○子どもセンターで「子ども力」を伸ばす。
 
(1)子ども一人ひとりへの注目と、成長・発展への支援
  (2)子ども自身による目標の設定とチャレンジの重視
  (3)子ども一人ひとりの経験を広げ、深める活動の重視
 ○各教科等の基礎・基本を確実に身に付けさせる
 →自分なりにそれを活用・応用してみようとする→そして、自分のものの見方   や考え方を作る、自分の方法を確立する、という段階を踏まえた教育を推進  する。

  (1)子ども一人ひとりが「学びがい」を実感する授業実践
  (2)自ら課題を見つけ、自ら考え、判断する能力や態度の育成
  (3)基礎的・基本的な内容を定着させる「わかる授業」づくり
  (4)個の実態に応じたきめ細やかな指導の充実
 ○保護者との連絡を密にするとともに、地域社会との相互関係を深め、連携・協力し  て子どもを育てる中心的役割を発揮できるようにする。
  (1)学校の基本姿勢・教育活動をPRする情報発信の活性化
  (2)家庭や地域の声(期待・要望・批判)の共有・活用
  (3)地域の特色を知り、地域の人材や教材を求め、地域の教育力を活用した教育  の推進