校章の由来
校 歌
更新日
2005.3.1


   御成小学校は、鎌倉に建てられた第三の小学校であるから、本来なら、鎌倉第三尋常高等小学校と名付けるべきであった。しかし、御用邸の跡であり、かつてここに皇族が御成りになったというので「御成尋常高等小学校」と命名し、校章には桐を用いた。
  当時、皇室の副御紋章である五七の桐を用いることを、一般のものは敬遠していたので、中央の七つの花のうち二つを御成という校名で隠している。
(鎌倉教育史より)